横長モードでの閲覧を推奨いたします。

シスレー ニュースレターを購読する 購読特典

Eメールアドレスを入力してニュースレターを受信する
(プライバシーポリシーの詳細)

戻る

保湿こそが肌の未来をつくる!

うるおいは美しい肌への重要なカギです。しかし、肌が十分にうるおう方法をあなたは知っていますか。そして、肌タイプに合わせてどんなスキンケア習慣が適切か、知っていますか。 シスレー研究所のホセ・ジェニスター氏が、あなたの疑問にお答えします。

いかなる美容スペシャリストも総じて、「美しい肌とは適度に保湿された肌のことです。」と語るでしょう。 しかし、適度な保湿とはどういうことでしょうか。それは「肌内部に適切な水分量をキープすること」、これはシスレー研究所のディレクター、ホセ・ジェニスター氏の答えです。 肌が十分な水分を常に保持できるようにするためには、いくつかの習慣が不可欠なのです。

うるおいに満ちた肌をつくるスキンケア習慣


肌の水分を保つためには、1日中十分に水分を摂取することが必要です 。もう1つのステップを無視してはいけません、"朝と夜の両方にお肌のタイプに合った水分トリートメントを施してください。肌を乾燥するおそれのある化粧品“を避け、太陽、風、低気温は保湿の敵です。そして、空気汚染や年齢、生活環境も同じで、「 イドラ グローバル セラム」のように、肌のうるおいを保つのに十分な水分を補給し、維持するような製品を選ぶようにと、 ホセ・ジェニスター氏は推奨しています。継続的に肌に水分を与えうるおすことが不可欠なのです。

年齢と保湿


年齢を重ねるにつれ、「肌は乾燥し、自然と脂質を蓄えるようになり、水分の効果的保持が難しくなります」とホセ・ジェニスター氏は言います。つまり「水分が不足している肌にうるおいを与え、バリア機能が低下している肌の再構築をサポートするために適した製品をつかいましょう。」ということです。 保湿と栄養の違いは何でしょう 我々は、2つの異なるニーズと効果を忘れがちです。1つ目は肌にうるおいを与え、2つ目は適度な脂質を補い保つことです。

様々な肌タイプに合うのはどの習慣?


超乾燥肌:
しっかりと水分を取り入れなければならないので、「イドラ グローバル セラム」と「イドラ グローバル」の組み合わせはいかがですか。

乾燥肌:
うるおいをしっかりと与えます。「コンフォール エクストレーム」に、必要に応じて「イドラ グローバル セラム」または「ブラックローズ プレシャスオイル」を足してみるのもお勧めです。

混合肌:
うるおいが必要な場合は、「イドラ グローバル セラム」と「シスレイユース」またはキューカンバーエキス(整肌成分)配合の「モイスチャライジングクリーム」を使用してください。肌の輝きを求めている場合は、「ブラックローズ プレシャスオイル」をデイリーケアに取り入れてみてください。

オイリー肌:
オイリー肌、または混合肌だからといって、肌のうるおいが必要でないわけではありません。「イドラ グローバル セラム」と「トロピカル ソワン イドラタン マティフィアン」を組み合わせると、テカリを軽減することができます。

季節に合わせてデイリーケアの見直しをする必要はありますか?


「冬には、あなたの肌が必要とする機能として、「イドラ グローバル セラム」、または肌を健やかに保つ「ブラックローズ プレシャスオイル」を、あなたの通常のケアに加えてみてください。夏には、「イドラ グローバル セラム」のような軽い付け心地のもので十分かもしれません。

*出典:EuropeanHealthAuthorities

使用されている商品