シスレー ニュースレターを購読する 購読特典

Eメールアドレスを入力してニュースレターを受信する
(プライバシーポリシーの詳細)

持続可能な発展

シスレーでは、資源の無駄遣いを排除しながら生産活動を行うという目標を掲げ、格式ばった形式ではなく組織化された方法を用いてこれを実践しています。こうしたビジネススタイルは、社員にできる限り最適な条件や快適な職場環境を提供すると同時に、物理的環境に対する責任ある関係性を維持することにもつながっています。

研究・運営の拠点 サン=トゥアン・アルム(Saint-Ouen ALMS)

HQE®認証ダブル取得への取り組み

職場環境

・アクセスが便利で快適な施設(駐車場、カフェテリア、その他インフラ設備)
・すべてのオフィスに自然光を取り入れ視覚的快適性を高めると共に、防音設備を完備(自然光が入る窓の付いたエリア、可動式のパーテーション、防音設備など)

エネルギーと資源

・エネルギー需要の削減(外断熱、2方向換気システム、タイマー設定による冷暖房・換気スケジュールの管理、日よけなど)
・飲料用水消費量の削減(植物の水やりに雨水を利用)
・照明ニーズの最適化(エネルギー消費量の少ない照明、動作を感知するセンサーなど)
・ゴミの分別/リサイクル

建物と景観

・敷地内に2,000本の木を植林
・外部空間を快適に保って隣接地への影響を最小限に抑制
・駐車スペースにおいて車列が視覚に与える影響を緩和
・屋上の緑化
・入り口に日光などを遮る張り出し屋根を設置


HQE®認証をダブルで取得

サン=トゥアン・ロモヌに2011年1月に開設した研究・育成センターは、フランスで初めてオフィスと物流施設の両方でHQE認証(環境認証)を取得しています。


太陽光発電設備

HQE認証とは別に、サン=トゥアン・ロモヌ敷地内の屋上には、北ロワール地方最大の太陽光発電設備が設置されています。総面積36,000 m2に及ぶ倉庫の屋上に設置されたこの設備は、フランス電力の送電網にも接続している他、6,556個の発電モジュールから成る太陽電池と一体化した、アスファルト防水システムを備えています。

これらの設備で発電される年間約726メガワットの電力を利用して、オフィスで消費する電力を100%(敷地全体で消費する電力の25%)賄っています。これによって、年間44トンのCO2削減に貢献しています。


ブロワのフランコプロダクションセンター

最も厳しい品質管理基準に従って建設されたブロワの工場は、ヨーロッパとアメリカで要求される基準に適合しており、最新の設備を完備した工場のひとつとされています。また同施設では、毎年、環境に関する国際基準 ISO 14001認証と労働安全衛生に関する国際基準 OHSAS 18001認証を自発的に取得しています。その一例としては、工場内で消費する水やエネルギーを2011年単独で9%削減させたことや敷地内に1,600本の木を植林したことなどが挙げられます。